07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

明日 京王線ダイヤ改定 

さて、今日は鉄道の記事です。

明日22日、京王電鉄では全線でダイヤ改定を実施します。主なポイントは以下の通り!

・種別の整理
・相模原線へ向かう特急の新設
・井の頭線増発
・その他運転時間の調整など

と言った感じです。今回のダイヤ改定でなくなるものたちを少しではありますが、撮影してきましたのでご紹介します。

DSC08941.jpg


今回のダイヤ改定の一番の目玉は分かりにくくなっていた種別の整理ですね!
一番に上げられるものは特急ではないでしょうか?京王線の特急と言えば、1963(昭和38)年から運行されている京王線の最上位種別です。しかし、2011年に行われた節電ダイヤでは全列車が準特急に格下げとなり、昨年8月に行われた調布駅付近地下化に伴うダイヤ改定で特急の定期列車の設定はなくなっていました。それが、今回のダイヤ改定では実質的には準特急と併合される形で定期列車復活となります。停車駅に、 分倍河原 と 北野 を追加して京王線内での停車駅は準特急と同じになっています。
また、このダイヤ改定では相模原線にも特急が新設されます。"新設"という表現がされていますが、実際には2001年まで相模原線にも特急は存在していました。ただし、この時の特急は相模原線内の途中停車駅は 京王多摩センター のみでした。今回、新設される特急は相模原線内では急行と同様に 京王稲田堤 、 京王永山 、 京王多摩センター 、 南大沢 に停車します。
そして、以上のように特急の運行に伴って現在は日中に20分間隔で新宿⇔京王八王子間で運行されている準特急が無くなります。
DSC08858_20130221221156.jpg
7000系の幕車はダイヤ改定に先立ち、種別幕が新しいものに交換された。この新幕のオレンジ色の準特急と京王八王子のコラボはこの限られた期間のみしか見られずに終了となる・・・。

DSC08850.jpg
LED車についても種別の表示が変更になりました。この準特急の新表示と京王八王子の組み合わせのごくわずかな期間のみでした。


続いて、準特急です。変更点は、高尾線内各停化のみです。これにより、これまで土休日に運行されていた京王線内は準特急、高尾線内は各停(下り列車で「準特急北野行き、北野から各停高尾山口行き」と案内されていたもの)として運行されていた新宿⇔高尾山口間の電車が単純な準特急と案内できるようになります。

DSC08855.jpg
北野止まりと見せかけて、実際には高尾山口まで運行するという京王独特の案内でしたが今回のダイヤ改定でその必要はなくなります。同様の停車駅パターンで、準特急高尾山口行きとして運行となります。



DSC08870.jpg
DSC08871.jpg
DSC08872.jpg
LEDの車両では、北野から各停高尾山口行きになることも案内されていた。

DSC08945.jpg
北野で種別と行き先が変わります。

DSC08949.jpg
これまでの土休日の京王線の日中の運行パターン(調布)。この3本の後に、各停高尾山口行きが続き20分で1サイクルでした。平日は、準特急北野行きではなく準特急高尾山口行きでした。

続いては、相模原線内折返し運用として日中に20分間隔で運行されていた調布⇔橋本間折返しの各停についてです。
調布駅付近は昨年8月に地下化されました。それまでは調布行きのこの電車は一度 布田駅方に引き上げて折返しを行っていましたが、地下化に伴い調布での直接の折返しが不可になりました。そのため、それからは調布駅で乗客を降ろした列車をそのままつつじヶ丘まで回送して本線上ですぐに折り返して調布から各停橋本行きとして折り返すといった強引な運用を行っていましたが、この改定で改められます。この列車自体を前述の特急に置き換えるといった形が取られました。これにより、日中の相模原線内折返し列車が無くなっています。

DSC08882.jpg
DSC08884.jpg
各停調布行きの表示を見る機会が激減しそうです。

DSC08885.jpg
その折返しとなる各停橋本行き。こちらも日中の設定は無くなります。それどころか、土休日は早朝のみとなってしまいます。

DSC08896_20130221224039.jpg

各停調布行きとして運用後のつつじヶ丘への回送。

DSC08900.jpg
上り本線で少々停車して、再び調布へと折り返す。

DSC08934.jpg
日中の相模原線のダイヤ構成。快速は相模原線内では各駅に停車します。
これが改定後は、特急 区間急行 快速の20分サイクルダイヤとなります。区間急行は相模原線内各駅に停車のため、実質的には現状と変わりません。

撮影したもの中心でご紹介しましたので、こんな感じです。他にも注目すべき点がいくつもあるように思いますが、自分自身も確認しきれていないのでこの辺りでこの記事を終わろうと思います。
恐らく、時刻表を見つめているだけでは見つけられないような変化が隠れているでしょうね。近いうちに、様子を見に行ってきたいと思います。

最後、紹介試合です(笑)
快速の新幕とLEDの新表示です。
DSC08930.jpg
DSC08851.jpg
スポンサーサイト

category: 京王電鉄

Posted on 2013/02/21 Thu. 23:20  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kantobusb5154.blog101.fc2.com/tb.php/1021-3bc82853
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)