05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

【9/17再更新】CoCoバス 全車両の世代交代が完了か 

【9/17再更新】当記事初版制作時の推定通りにB21559の導入も確認しました。



2003年より、運行が開始された東京都小金井市のコミュニティバス「CoCoバス」。

2003年の北東部循環運行開始時にB20301B20302B20303(すべてKK-RX4JFEA改)の3台が導入されて運行が開始されました。
その後は2005年に小金井市を東西に貫くJR中央線の南側でも新たに3路線(貫井・前原循環、東町循環、中町循環)の運行が開始されるための運用増に備えてB20501B20502B20503B20504(すべてPB-RX6JFAA改)の4台が追加導入されて運行されてきました。
ここで出揃った計7台のCoCoバス専用車は型式は初期導入車と追加導入車で変わったものの車種としては同じ日野自動車製のリエッセでCNG改造されたタイプでした。
その後は大きな変化のないまま時は過ぎましたが、2013年になると初期導入車の3台の車齢が10年に達し、一般のディーゼル車から見ると少し早いもののCNG車ということなどもあり、少し早め感は否めなかったものの新車への代替が行われることとなりました。
これまでCoCoバスで運行されてきた日野 リエッセはこの時は既に製造を終了していたため、リエッセの後継車種として各地でコミュニティバスで使用されている日野 ポンチョがCoCoバスとしては初めて導入されることとなりました。このときに導入されたのがB21321B21322B21323(すべてSDG-HX9JLBE)の3台で2003年式の初期導入車が一掃されました。
ここからの期間はリエッセとポンチョの2車種による運行となりましたが、基本的にはそれぞれの運用が区別されていました。特に急な坂道と狭隘区間を多く抱える貫井・前原循環では長いホイールベースと車高の低さを持つポンチョの運用は避けられていました。他の3路線ではそれぞれの車種の固定のダイヤがあったものの両車種が各路線で運行されてきました(中町循環と東町循環がそれぞれポンチョ専属となった時期もありましたが...)。
それから2年が経過して追加導入の4台についても導入から10年が経過しました。とは言っても、同じ京王バス中央府中営業所が運行・管理を担当しているお隣の府中市「ちゅうバス」は現在でも2003年式の車両が運行されていることや貫井・前原循環の路線環境を考えると2005年式車両の延命の可能性もあるかと個人的には考えていたのですが、新車への代替の波が押し寄せてきました。

DSC09148.jpg
CoCoバスの原点ともいえる1号路線 北東部循環の始発である昔の武蔵小金井駅北口停留所と初代車両B20301

さて、今回の車両代替についてです。この内容については、一部推測や誤っている可能性も考えられますので、予めご了承の上でお読みください。
まずは車両の入れ替え期間などの事情もあったのか4台を2台ずつの2回に分けて行われたと推測されます。
まずは先週の中頃にB20501B20502からB21557B21558への代替が行われたようです。当方では、12日土曜日にB21557がそれまでのB20501またはB20502のダイヤで北東部循環へ充当されているのを確認しました。この時点ではB20503B20504は早くても14日月曜日までは、それまで通りのダイヤで貫井・前原循環へ充当されていました。
そして、本日16日水曜日にはリエッセ専属路線となっていた貫井・前原循環でのポンチョの運用を確認し、同時にB21560の導入も確認されました。

今回導入された新車のB21558
DSC_2045.jpg
DSC_2063_20150916231714f80.jpg
2013年導入車と大きな変化点は見当たらない


これまで、そして現在のCoCoバス専用車一覧
KK-RX4JFEA改 (全車2013年10月に除籍)
 B20301 多摩200か・5 57
 B20302 多摩200か・5 58
 B20303 多摩200か・5 68

PB-RX6JFAA改 (全車除籍か?)
 B20501 多摩200か・9 79
 B20502 多摩200か・9 80
 B20503 多摩200か・9 81
 B20504 多摩200か・9 82

SDG-HX9JLBE
 (2013年10月導入分)
 B21321 多摩200か26-03
 B21322 多摩200か26-06
 B21323 多摩200か26-07
 (2015年9月導入分)
 B21557 多摩200か28-63 ←New
 B21558 多摩200か28-64 ←New
 B21559 多摩200か28-66 ←New
 B21560 多摩200か28-67 ←New

※今回の新車についてはB21557B21558B21560は確認済みです。B21559については完全に推測の状態ですので、ご承知おきください。(9/17確認しました)


完全に余談ではありますが、今回の新車のうちの先に導入の2台の社番に注目をしてみます。京王電鉄バスグループでは本来のアルファベット+5ケタの数字の社番に合わせて正面には数字の前2ケタが省略された3ケタの数字の番号が書かれています。B21557B21558ですので、これが 557 と 558 になります。この番号に見覚え、聞き覚えはないでしょうか?
そうです。CoCoバスの初代車両2台の登録番号(ナンバー)の数ときれいに一致しているのです。わざわざ狙っていることはないと思いますが、真相はいかに!?


数日前に捉えたB20503B20504の2台
DSC_2052-m.jpg
DSC_2070.jpg
DSC_2075.jpg
この2台は長く基本的には貫井・前原循環の専属で運用に当たってきた 狭隘区間での無線でのやり取りを行うすれ違いシーンなどを記録しておきたかった...


まだ全体的に断定のできない情報は非常に多いですが、今後も確認を続けようと思います。速報はTwitterにて行います。また当記事の内容についても更新が可能な限り行いますので、どうぞ引き続きご覧ください。それでは!
スポンサーサイト

category: CoCoバス

Posted on 2015/09/17 Thu. 20:09  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kantobusb5154.blog101.fc2.com/tb.php/1637-8350f1e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)