09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

青梅街道営業所情報(2/12)(23:59正式版へ更新) 

 納車
C2403 QKG-MP38FKF 三菱ふそう エアロスター(三菱ふそうバス製造製) 2016年式
C2404 QKG-MP38FKF 三菱ふそう エアロスター(三菱ふそうバス製造製) 2016年式

 除籍
C2101 KL-MP37JK 三菱 エアロスター(三菱自動車バス製造製) 2002年式
C2102 KL-MP37JK 三菱 エアロスター(三菱自動車バス製造製) 2002年式


青梅街道営業所に全26台が在籍する2100代車から初めての除籍が発生です。
今回 除籍となったのは、2100代車の中でも最初に導入されたグループのうちの2台です。
2100代車は2006年までそれと言った大きな変更なく導入され続けていたこともあり、なぜかあまり古さを感じさせない車両でしたが、まもなく導入から14年を迎える古参車となっており、ココで代替されることになりました。
現在からでも十分に使えるだけの仕様を持ち合わせた車両であるため、地方にて第二の活躍が期待できると言ってよいでしょう。
代替となる新車は昨年末に丸山営業所に新番台車両として2台が登場した現行型のエアロスターの2400代車となりました。現行型のエアロスターの発表当時から、元々から三菱車指定の青梅街道営業所への配置は確実視されていましたが、ようやく現実となりました。
2100代車については、C2103C2104C2105の3台も同型で今回除籍の2台と同時期に導入されているため、去就が注目されます。

~さようならC2101C2102
DSC_2606.jpg
2100代のトップナンバー車として、一目置かれる存在であったC2101

DSC_2803.jpg
除籍直前 最近では本線系統での運用シーンはあまり見られなかったが、東京女子大入試による増発に伴い、本線系統にて運用されていた
スポンサーサイト

category: 関東バス情報

Posted on 2016/02/12 Fri. 23:59  edit  |  tb: 0   cm: 1  

コメント

青梅街道にもMP38系のノンステップが導入されましたが、あえてFKFというのが…
利用客が多い青梅街道であれば、標準尺が設定されているMP38FMFで導入されても不思議ではないと思うのですが…
なにか意図でもあったのでしょうか?
南善福寺のターンテーブルも問題ないと思うのですが…

kaz #dZ2c3wmQ | URL
2016/02/13 06:31 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kantobusb5154.blog101.fc2.com/tb.php/1674-08feaf62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)