09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

京王競馬場線で都営10-000形が運行される 

本日の京王競馬場線の東府中~府中競馬正門前間の折返し列車には都営10-000形10-200Fが充当されていました。

DSC02201_20120527215145.jpg
競馬開催に伴う臨時の急行とすれ違う。
競馬終了時には上り方面に限り、5分間隔で運行されます。

はい。ところで、区間の短い京王競馬場線の折返し運用になぜ都営車がいるのか・・・。復習しておきましょうか(笑)
これは京王電鉄と東京都交通局における相互直通運転の際にそれぞれ車両使用料と言うものが発生します。この時に色々と面倒なのでこれをできるだけ少なくしようとするわけですね。そして、この車両使用料は距離によって決まっているので両方の貸し出し(相手会社線内での走行距離)をお互いにできるだけ等しくすれば面倒な金銭面でのやり取りが無くなるわけです。そのために、相手会社線内をひたすら走ったりして調整をすることがよくあります。この際に、京王電鉄では一日ずっと0.9㎞区間内を往復し続ける運用がここにあります。これを上手く使えば調整できるのではないか・・・ということで2010年3月のダイヤ改正よりこのような運用になりました。

これで合ってますよね?違ったらすいません・・・。


それでは写真を。
DSC02208.jpg
東府中に停車中。左の7000系は競馬場線列車と接続の京王線の各駅停車列車。

DSC02209_20120527215212.jpg
東府中を発車!終点まで0.9㎞。

DSC02195.jpg
両駅とも入線時に低速な制限があるため、8両編成となると駅間でも速度はほとんど出せない。

DSC02192.jpg
府中競馬正門前では5分停車して折り返します。

DSC02197.jpg
幕を回しながら通過することも・・・。0.9㎞区間を往復しますが、それぞれ単独の幕なので毎度毎度回します。しかも、「東府中」と「府中競馬正門前」の幕は結構離れています。車両自体も何度も往復しますが、幕もそれに合わせて何度も往復します(笑)

DSC02186.jpg
府中競馬正門前に到着します。

DSC02175.jpg
10-000形を効率よく撮るにはこの路線ですね。場所を問わなければ・・・。
スポンサーサイト

category: 京王電鉄

Posted on 2012/05/27 Sun. 22:03  edit  |  tb: 0   cm: 2  

コメント

ご無沙汰しています。

確かに今日は10-000形が入ってましたね。6000系亡きあと、現在京王線内を走る可能性のある車両(デワ除く)で最古参ですし、注目の車両ですね。

このあと、ダービー臨で飛田給行の各停が運行されましたがそちらも撮影されましたでしょうか?
都車の「飛田給」表示は天然記念物ものではないかと…

(確か、競馬場線での都車運行の経緯はそれで合っているはずです)

めだか #- | URL
2012/05/27 23:55 * edit *

Re: タイトルなし

こちらこそご無沙汰しております。ブログの方はいつも拝見させていただいております。

そうですね。すっかり新しい車両ばかりになってしまった京王の中で頑張っていますね。だいぶ数を減らしましたが・・・。

飛田給行きがあったのですか・・・。残念ながら撮影しておりません。是非、撮ってみたかったです。
今日は完璧に"偶然"だったので。競馬場で大きなレースがあったのも、帰ってきてから知りました・・・。

Chuo-Line201_H4(管理人) #- | URL
2012/05/28 01:13 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kantobusb5154.blog101.fc2.com/tb.php/803-0b5e6df7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)